コラム

電車線工事で大変なこととは?

こんにちは! 三重県四日市市の名泗架線工事株式会社です。
鉄道電気工事などの電車線工事を承っております。
皆様は電車線工事と聞くと、どんな印象をお持ちになるでしょうか。
「やりがいがありそう」と期待を覗かせている方もいれば「大変そう」と思っている方もいらっしゃると思います。
そこで今回は、「電車線工事で大変なこと」の具体的な内容についてご説明いたします。

スケジュールに追われる

電気くじの施工箇所
工事の遅延が多くの人に影響してしまうため、スケジュールは厳守です。
決められたスケジュールの中で工事を完了させないといけません。
そのため、時間に追われている中で作業をする必要があるので、精神的な大変さがあります。

ミスが許されない

鉄道電気工事では、1つのミスが大事故につながりかねません。
半端な仕事をすると会社の信用を失墜させることにもなってしまうため、ミスには厳しいところがあります。
常に正確な仕事を求められるため、プレッシャーは少なからずかかる仕事だといえます。

体力が必要である

鉄道電気工事は、意外と体力仕事です。
工事で使用する道具や材料には重いものも少なくありません。
そのため、筋力をはじめとした体力が必要とされることも多いです。
また、電車が止まっているときに作業をすることもあるため、昼夜逆転の生活になる可能性もあります。
そういった点でも、体力仕事という側面があるでしょう。
鉄道電気工事は大変な仕事ですが、やりがいがあり給与も安定している職業です。
転職を検討されている方は、ぜひチャレンジしてはいかがでしょうか。

鉄道電気工事士になりませんか?

やりがい溢れるお仕事です。
弊社では、鉄道電気工事を行う正社員スタッフの求人募集を行っています。
経験の有無は問わず、未経験の方でも大歓迎です。
鉄道は人々の生活に不可欠な存在であり、私たちはその根底を支える仕事を行います。
間接的ではありますが、生活の基盤を支えている実感があり、やりがいを感じながら働ける職業です。
面倒見の良い仲間と一緒に、一生もののスキルを身につけながら働きませんか?
求人にご興味を持っていただけましたら、採用情報よりご応募くださいませ。
最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。