コラム

鉄道工事はハードなお仕事って本当?

こんにちは! 三重県四日市市を拠点に、JR鉄道電気工事といった電車線工事を手掛けております、名泗架線工事株式会社です。
このコラムコーナーでは、弊社が手掛ける鉄道工事に関するいろいろな情報を発信しております。
今回は鉄道工事のお仕事のハードな一面と、それを上回るやりがいについてご紹介いたします!

どんなところがハード?


電車や新幹線が行き交う日中で行える作業は限られているため、必然的に夜間の作業が増えてきます。
ゆえにこの業界で働くにあたって重要なのが、深夜での勤務に耐えられる身体づくりです。
勤務形態にもよりますが、昼夜逆転に悩まされる方もいらっしゃいます。
また分野によりけりですが、お仕事は屋外での手作業がメインです。
とくに夏場は金属のレールの表面温度は急激に上昇し、放射熱によって周囲の気温も上がっていくので、体力的なキツさもございます。

鉄道工事はキツイことだらけ?

そんなことはございません!
鉄道工事には鉄道工事でしか味わえないやりがいというものがございます。
鉄道工事は多くの人々の足である電車を支えるという役割を担っており、社会にとって必要不可欠なお仕事です。
大きな責任があるからこそ味わえるやりがいも大きいという理由でこのお仕事に魅了される方もいらっしゃいます。
名泗架線工事株式会社で、魅力あふれるこのお仕事にあなたもチャレンジしてみませんか?

コミュニケーションを大切にする職場です!


名泗架線工事株式会社では、現在新規電気工事士の求人募集中です!
作業の円滑化とよりよい社内の人間関係づくりのため、スタッフ同士のコミュニケーションを高めることに努めております。
一人として孤立したり思い悩んだりすることがないよう、風通しのよい雰囲気を大切にしております。
BBQやカラオケ・社員旅行といった社内イベントも充実しておりますので、皆様がこの輪に入ってくださる日がくることを心待ちにしております!
交通インフラの整備に携わりながら、一生もののスキルとやりがいを手に入れましょう!
求人内容の詳細につきましては、採用情報ページをご覧ください。
最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。